読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィクショナルな人生を求めて歩む22歳の男

映画化・ドラマ化・小説化・マンガ化にして徹夜してまで読みたい・観たい・知りたい・聞きたい面白い人生を目指して、歩んで、創って、死ぬのが夢。「まるでフィクショナルな人生を」

【必読】目標がない人はとりあえず素直な感情を紙にぶつけろ!

http://startupmeeting.jp/wp-content/uploads/2016/11/girl-1828079_1920.jpg

こんばんわ、2016年の春に大学3年を迎えてすぐに中退しました。なぜなら起業したいから。

まー定番挨拶ですが、最近読者が増えてとても楽しいです。感謝です。いつも僕の記事を読んでくださりありがとうございます。

では早速、今回のテーマ『目標がない人はとりあえず素直な感情を紙にぶつけろ!』ですが、この記事の主なターゲットはそこらへんにいる夢も希望もない大学生に絞ってます。なので大学生でない方は読まないでくださいなんて言いません。読んじゃってください。

あざす。てへ

調子乗りました、では本題へ。

目標が"ない"のでなく、明確でないだけ

https://static.pexels.com/photos/26180/pexels-photo-26180.jpg

ちなみに夢も希望もない人なんて実はほとんどいません。てかそこらへんお大学生なんて絶対に何かしらの夢や希望がある。たとえば、AppleWatch買いたいとか、S○Xしたいとか、〇〇〇したいとか。

上記の部分はご想像にお任せします。けれど、少なからず小さな"やりたいこと"なんて誰でもあります。ただ単にやりたいことを目標ベースに落とし込めていないだけです。

僕だって大学生の頃は外国語学部でフランス語を学んでました。その時はやはりテスト勉強しないといけませんので、フランス語ができるようになりたいなーとか思ってました。

けれどもそれを具体的に目標ベースに落とし込まなかったので、特に勉強はせず、あまり伸びませんでした。

しかしテスト前になると、どうしてもやらなければ単位をGETできないので、無理やり目標ベースに落とし込み、1つ1つタスクを成し遂げて結果高得点をとった経験があります。

基本的に問題なのはやりたいことを、目標として認識しないということです。

自分の素直な感情を紙にぶつける

http://startupmeeting.jp/wp-content/uploads/2016/11/person-1207641_1920.jpg

やりたいことは内容に限らず、必ず頭の中で感情として固まってます。

今回はそのやりたいことを、明確に目標にするための方法を伝授します。

やり方は単純で、『紙』と『ペン』があれば準備完了。

自分が何をしたいのか、遊びたい、ムカつく、金欲しい、寝たいなどなど、自分が感じている感情を素直に買いてください。

非常に単純な方法なんですが、これ本当に自分のやりたいことが明確になります。

普段は社会貢献とか考えている人が、実は本心ではお金が欲しいとか、普通にあります。まずは自分を美化しすぎないことが大事。

素直になると自ずと目標が見えてきます。紙に無心で感情をぶつけて、出てきたものの中から目標に変換できるものがきっと出ますので、暇な方は早速やってみてください。

最後に

僕も全然できてないのですが、単なる目標ではなく、ライフプランを立てることをお勧めします。1年後とか3年後に自分がどんなスキルを身につけて、どんなステップを踏んでいるのか。それから逆算して見つけられる目標もまた具体的なものになるので。

daigaku-chutaisha.hatenablog.com

daigaku-chutaisha.hatenablog.com

daigaku-chutaisha.hatenablog.com

daigaku-chutaisha.hatenablog.com

daigaku-chutaisha.hatenablog.com

広告を非表示にする