フィクショナルな人生を求めて歩む22歳の男

映画化・ドラマ化・小説化・マンガ化にして徹夜してまで読みたい・観たい・知りたい・聞きたい面白い人生を目指して、歩んで、創って、死ぬのが夢。「まるでフィクショナルな人生を」

ジーズアカデミー7期DEVコース-入学式編-

f:id:daigaku_chutaisha:20170213200111j:plain どうも、22歳の男です。

先日ブログ内で「ジーズアカデミー7期DEVコース-合格のお知らせ- - フィクショナルな人生を求めて歩む22歳の男」という記事を書きました。

エンジニア志望や起業家志望の方々など、プログラミングを学びたい方ならおそらく一度は見聞きしている「ジーズアカデミーTOKYO|エンジニア・プログラミング専門スクール(学校)」への合格のお知らせについてです。

試験は7期生募集すぐの1月に受けて、ついに待ちに待った入学式が行われました!!

今回はその様子や、同期のメンバーについて書きます。

ちなみに同期のメンバーが同期と言えないほどのスペックの高さで、マジでビビりました。そしてジーズアカデミーを選んで120%良かったと今では自信を持って言えます。

驚くべきジーズ生のスペックとバックグランド

まず入学式で最も驚いたのが、同期のメンバーです。

一般的にプログラミングスクールは社会人数年目や大学生が多いのかなというイメージがありました。

しかしジーズアカデミーは全然違う!

ジーズアカデミーでは入学式の初めに、各々の自己紹介スライドで挨拶をします。

入学できるのは試験に通過した50名のみで、そこに大学生は確か3人ぐらいしかいなかった気が。。。

大学生というより、22歳の僕が3,2番目ぐらいに年齢が若くすごくびっくり。笑

ちなみに一番上は50歳ぐらいの方もいらっしゃいました。

そして注目するべきは彼らのスペックとバックグランド

ちょっとリストで簡単に紹介。

  • モルガン・スタンレー出身

  • 某大手商社ビジネスマン多数

  • 海外大学卒業者多数

  • 牧師だった方

  • 国内有名国立・私立大学が当たり前

こんな感じで大学中退の身としては、簡単に出会えることができない方々とジーズアカデミーを通して超簡単に繋がれてしまったということです。

というか、他のプログラミングスクールならありえませんよね。

こんな素晴らしいジーズ生と6ヶ月、そしてこれからもお付き合いできるかと思うと、僕にとってジーズアカデミーはすでに最高です。笑

とはいえ、プログラミング初心者は多く(SEだった方も結構多い)そこに関しては絶対に負けません。

時間があれば24時間OPENのシャワー室完備、超おしゃれジーズアカデミーに行き、コードを書きまくる。

本当にこれに尽きると思う。逆に環境に満足して浮かれてたら自分には何も残らない。

Deploy or Die

ただこれだけですね。

G's ACADEMYにおける目標

ジーズアカデミーという素晴らしい環境とメンバー、メンターが整っている中でプログラミングを書く、知識をインプットするのはもはや当たり前。

DemoDay優勝

これが僕の目標です。

ではまた次のエントリーまで。

広告を非表示にする