読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィクショナルな人生を求めて歩む22歳の男

映画化・ドラマ化・小説化・マンガ化にして徹夜してまで読みたい・観たい・知りたい・聞きたい面白い人生を目指して、歩んで、創って、死ぬのが夢。「まるでフィクショナルな人生を」

大学生活は夏休みとか言っているやつは本気でやばいよって話

大学生 大学中退日記

http://startupmeeting.jp/wp-content/uploads/2016/11/university-student-1749912_1280.jpg

こんにちわ、大学中退してます。未来起業家ということで、もちろん起業目指しております。だけど僕も正真正銘のアホな大学生でした。

大学一年生の時なんて大学=遊びって予備校の先生からも聞いていたので、もう飲み会しか頭にありませんでした。(モチベーション維持には確かに繋がったので良かった)

けどまー実際大学に入ってみたら、やけに経済学部の人たちは楽しているように見えた。自分は外語だったので、なかなか勉強しないとだった。まーそれでもテスト前しか勉強しないけど。

そんなこんなで、一般的な大学生だったということを存分にアピールした後に、今秋のテーマ『大学生活は夏休みとか言っているやつは本気でやばいよ』ってのに入っていきたいと思います。

学費いくら払ってるのか本気で感じて欲しい

https://static.pexels.com/photos/128878/the-last-shirt-dollar-bill-20-euro-folded-128878.jpeg

大学生活=遊びっていう概念は少なくともサークルで飲み会ばっかり開いている彼らの脳みその中には存在すると思います。

もちろん中には自分で奨学金借りて、働いて、学費自分で払っている人もいます。自分は恥ずかしながら前者だったんですが、本当に情けない。

学費を払ってくれてる親の存在があるから大学=遊びっていう公式が成り立っていることに改めて気付かないと、なんか人としてかなりやばい人材になりかねない感。

で、中には『親に感謝してます』、バイトをして、居酒屋キャッチとかしてお金稼いで『旅行に連れてって親孝行してる』とか、結構やばい方々がいらっしゃる。

最初の例に関しては、感謝はいくらでもすればいいんです。ただ仕事も、人間関係も、感謝も口だけならいくらでも言えるんです。マジでそれを行動で示さないと。

じゃーその結果が旅行だっていうなら、物事の本質が見えてないと思う。旅行に連れて行ってもらうために親は学費払ってないんです。幸せになって欲しいから、将来困らないように、大学に入れてくれてるんです。

大学ってどんな機関か今一度確認してください。普通に遊ぶところじゃなくて、成長するところで、それは勉強、人間関係、課外活動、全てが勉強できる場なんです。

サークルだってもちろん必要なんですけど、大学=夏休みという概念を持っている方々は、サークル=酒、それがまずいと思う今日この頃。

その大学を中退した僕が一番親不孝者?

https://static.pexels.com/photos/46252/family-kids-happy-people-46252.jpeg

こんなこと言ってると、僕が大学中退してるもんだから、それこそ親不孝者だって言ってっくる方々がやっぱりいるんですよね。

なんで大学に入るかもっと本質的なところに戻ると、答えが見えてくるんですけど、大学って言うたら人生をスムーズに生きるための1つの手段でしかないんですね。まー古来から引き継がれたナンセンスな手段って感じ。

僕はそんな手段が自分に合わなかったし、それを使いこなそうと頑張りもしなかったし、まずそれが本当の人生において幸せに繋がるとはどうしても思わなかった。

さらに本質的なところに戻ると、親孝行ってのは親を心配させないこと、自分の最高の幸せな姿を見せること、だと思うんです。

大学卒業して就職して、上司の悪口言っているようなら大学を卒業しても親孝行なんて全然できてないんです。他の人の文句を言っているうちなんて周りに幸せ分ける余裕もないですから。

要は自分が求める姿、自分が最高に幸せになるためには酒なんて飲んでいる暇ないんです。僕は大学を中退するという選択をしましたけど、選択は人それぞれで、大企業が目標なら勉強すればいいし、海外で働くなら英語頑張ればいいし、心から人の役に立ちたいならNPO入ればいいんです。

それが結局幸せだし、本気でそんなことしてたら本気で死にそうになっても絶対助かるとしか考えられない。

てな訳で少しそれましたが、『大学生活は夏休みとか言っているやつは本気でやばいよ』って話でした。

最後に

とりあえず大学中退した僕はどうしても今の大学生に伝えたいことでした。もちろん僕みたいにアホじゃなくって、最初からうごいている人もいて本当に尊敬する限りです。世界の裏側では1日100円以下で暮らしている人たちが普通にいるってことを常に意識して生きてます。共感してくださった方はフォローandシェアよろしくお願いします。リツイートが世界を変えると信じてますので笑

広告を非表示にする